がん早期発見のためには、自分で健康と思っている時から、がん検診などの検査を受けておくことです。

つまり、自覚症状が何もないときから、キチンとした検診を受けるのが大切です。

一般的な健康診断だけだと、がんの早期発見は難しい部分があります。

がん検診では、早い段階での発見ができるので、何もない時期から受けておくことが大事になります。がん早期発見のキーともなる、PET検査というのも気になるところでしょう。早期発見でがんを見つけるためには、レントゲンだけではわかりにくいです。

普通の健康診断では、小さな病気を見つけるのは困難ですから、がん検診など精密検査が大事になってきます。



PET検査は、FDGというブドウ糖に似た薬剤を用いて、体に注射をします。
注射をして、ある程度の時間が経過したら、PETで全身を撮影します。


これによりFDGがたくさん集まるところがわかりやすくなります。

これにより、がんを発見するための、手がかりとなるのです。

レントゲンでは、病気を発見するのに限界があります。



そんなわかりにくい小さいがん細胞も、PET検査により発見しやすくなります。

発見したらそれが、悪性の腫瘍なのか、あるいは良性の腫瘍かもわかりやすくなるのです。

がん検診の情報をご紹介いたします。

再発はしていないか、リンパ節へ転移していないかなどの確認にも、有効利用されている優れた医療技術です。
検査結果は、数日後に送られてきます。

もちろん、検査結果の説明を、対面で受けることも可能です。